LOVERS'DIARY

JTの存在する世界 好きな人のことをただ好きと叫ぶだけのブログ

フレキシブルでいい!

発売日から若干遅れて我が家にも到着しました「GOOD ROCKS!」

この雑誌、以前にも亀しゃんが特集で取り上げられたことあったような記憶が…

昨年末に断捨離した時このサイズの雑誌だったから覚えてるけど、写真は断然今回のJTのほうがイイ♡(贔屓じゃなくてほんとうに自然体なのがいいです。)

 

撮影してくださった カメラマンさんのインスタ~

モノクロだからこそ醸し出される雰囲気。”大阪中津の高架下” 周辺って全く土地勘はないんですけど…

何度かライブで訪れるたびに感じる大阪は、東京とは違った独特の活気を感じる街ですね。”多くの仲間がいる”とJTが語る大阪で、こんな素敵な写真を撮っていただけるなんて感動です。

f:id:marosakura:20170607110446j:plain

166センチの女性モデルさんと並んでもこの身長差!

笑顔が最高なイケメン・オーラ全開なモデル淳之介からのこの”モノクロじゅんの”

 この振り幅の大きさ。いろんな表情を出せるのが彼の才能ですね。「独特のオーラがある」と言っていただけて本当に嬉しいです。

全14ページ、写真もテキストもたっぷりで読み応えあります。

 

特にテキストの内容が濃いです。…というかよくわからないワードがどんどん出てきてまたまた新たな世界を見せて貰えることにワクワクする!…と同時に元アイドルグループ時代のキラキラな彼を好きだった人たちの中には、違和感とか感じる人もいるんだろうな~と思いました。それでも敢えて自分がやりたい音楽で勝負したい、という決意も感じました。

彼がカッコいいと思う音楽、そして彼を支えてくれる多くの仲間についてはソロデビューした時からいろんな機会に発信してきてくれて、だんだんその輪郭が見えてきました。そして、このインタビューはさらに深く語ってくれています。

自分が彼に堕ちたきっかけは舞台です。その時から彼の才能に惚れた自分は密かに彼は「天才だ!」と思っています。この文章を読んでいても音楽に対して凄く深い!

頭のいい人なんだな~と思うと同時に音楽に対してこんな深いこだわりを持っていたんだって驚きでした。

 

…アイドルを続けていけない気持ちって、何となくわかる気がします。

 

かといって「自分のやりたいことだけやる」んじゃなくていかにメジャーレーベルとしてヒットチャートに入っていくかも戦略として考えているんだな~と思いました。

 

同時に自分が見ていたアイドル時代の彼は8年も前からこんなことを考えていたんだ?!って少し驚いた。

8年前っていったらまだまだグループ全盛の頃だよね…

「GOOD ROCKS!」の取材が4月でアルバムのレコーディング(投稿日は5/21)。

インタビューでもHIFANAさんとコラボしたいって言ってましたね。

速攻実現してる💦

 


HIFANA @ YouTube FanFest Japan 2014

 

そして、JTが影響を受けた音楽の中に自分が尊敬する”M・ジャクソン”の名前が…嬉しい♡やっぱりダンスを志す人たちにとってはマイケルの存在は大きいですね。

でも、今はこの人”クリス・ブラウン”なんだろうな~


Chris Brown - Yeah 3x

このPV見てるとマイケルの「ブラックアンドホワイト」連想してしまう。

ともかくカッコいい!

 

そして、”ラバダブ”というワードが出てきました。これはさすがに知らない💦

早速TUBE調べてみたら、こんな感じで即興でパフォーマンスするんですね。

www.youtube.com

「 即興で挑んでみたものの、会場のお客さんを全くアゲることができなかった」

そうです。そしてその経験で新たな目標を持ったみたいですね。

 

これだけの人たちを沸かせるキャラクターやスキルというものを自分のものにするにはどうしたらいいのか、という発展的な目標もできた。

 

そう語ってます。

これは凄いことですね~ますます楽しみになってきました。

 

newアルバムは夏ごろ発売でしょうか⁇

ライブで見せてくれるパフォーマンスにもますます期待が膨らみます。

 

 

JTの魅せてくれる世界は本当に素晴らしい♡