LOVERS'DIARY

JTの存在する世界 好きな人のことをただ好きと叫ぶだけのブログ

雑感~「表の世界」を離れるということ~

最近TVを熱心に見なくなりました…というか以前のようにヲタ事中心に見なくなった。

 

昔は基本的にKAT-TUNメンバーが出ている番組、ドラマ(CMも含めて)中心に録画して編集して、常に我が家のポンコツレコーダーは容量との戦い?!だったんだけど、今はね。

毎週録画してた”シューイチ”ですら最近は貯まるばっかりで見れてないし、久々の亀しゃん主演ドラマも途中まで録画してたけど、見ないままになってる💦

 

むしろネットの世界でJTを追いかける方が忙しいの。インスタだってうかうかしてるといろんなところに出没するから一瞬だって気を抜けない。

まだまだ地上波の音楽番組には出られないけどCSや地方局にはちょくちょく出演できてるし、CDだってDVD&Blu-rayも写真集まで出しちゃってる。ソロライブじゃないけどパフォーマンスを披露する舞台だってコンスタントにあって、ファンとしたら嬉しい限り。

まさかね、こんな世界が広がっていくなんて彼が退所した当時は想像もできなかったよ。

 

テレビや雑誌やいわゆる「表の世界」から消えることは絶望しかなかった…でもよく考えたら「表の世界」で売れてる人たちってほんの氷山の一角だって思えてきた。表に見えないところにもっと違う世界が広がってるって感じます。

自分が見たい世界は音楽で、JTの美しいダンスなんだな~って改めて思う。

 

バラエティですべってる淳之介はあんまり見たくなかった。グループの中の役割だったのかもしれないけど、彼の魅力はソコじゃない!!ってずっと思ってた。

まだ脱退を発表する前だったけど「タメ旅」見てて辛そうだな~って感じたことあったもの。「ダジャレ言う時、手汗かいてる」ってよく上田くんが言ってたね。

 

彼がやりたかったことは「音楽」

選択した道は茨の道かもしれないけど、絶対後悔はしてないと思う。

 

またまたレコーディング情報♪ これが彼本来の姿なのかもしれない。

表情が生き生きしてるもの…

 

この「相変わらず極上なstudio」って井上純さんのトコですね♡

f:id:marosakura:20170621025908j:plain

 この方についてはこちらに詳しく紹介されています。

↓↓↓

www.dtmstation.com

どうしてジャニーズ事務所を辞めてしまったんですか?
井上:プロデューサーとして仕事をしていると、かならず著作権が絡む契約の問題にぶつかるんですよ。そうした場合、弁護士に相談するわけですが、弁護士でもすぐに回答が得られるわけではなく時間もかかります。やはり制作の最前線で、即答したい、アーティストのために法律のことをしっかり身に付けたいと思うようになったんです。会社にいながらロースクールへ通うのは許されなかったので、4年前に退社して、3年間慶應大学のロースクールに通い、1年前に卒業したところです。でも、長い間苦楽を共にしたメンバーと離れるのはとても辛かったです

 

 アーティストのために法律のことをしっかり身に付けたいと思ってロースクールに通ったという井上さん。

こんな方がJTを支えてくださってるって本当に心強い限りです。

 

 

今日も稽古!いやーしかしよく踊りました! 今こうやってEL SQUADの若い連中と踊る機会があるのは、とても嬉しい事やけど。 嬉しい事やけど。。 やけど。。。。 しんどいわっ!!!笑 おまえらいくつやねん!!笑 オレ42歳! ナリセなんかオレの半分!!笑 でもそんな奴らと、ええ年こいて一緒にHit DemかましてMilly Rockブン回してる自分がちょっと好き😎笑 自分がこだわってきた強烈な自己表現と、HIP HOP MUSICから常に生まれる「今」の表現を混在させるのがずっと好き。 まあ、取り入れ方がマニアック過ぎて伝わらない事もよくあるけどねw なので、今回は写真を見ただけで何をやってるのかわかるやつを並べてみた!ww え?わからん?w じゃあ秋田と武道館に見に来て下さい🤗 #yokoi #elsquad @takuya_dat_b @showkey_elsquad @narise0103 #田口淳之介 @junnosuke_official

@yokoiwcoがシェアした投稿 -

バックダンサーを務めてくださるYOKOIさんのインスタにレッスン風景がアップされていました。

どんどん進化するJTのパフォーマンスを支えてくださるダンサーの皆さまに感謝です。

 

「秋田と武道館」…秋田は行けないけど武道館はすごい楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

元スマさんのうちの3名が事務所を離れるんだそうですね。

 

一抹の寂しさはあるけれど…

彼らもきっと自分らしい生き方を選んだのだと思います。

昔と違って活躍する場所は無限大に広がってると思う。

 

今までの「アイドル」って縛りから解放されて、未知の世界で大いに活躍してもらいたいと願っています。