LOVERS'DIARY

JTの存在する世界 好きな人のことをただ好きと叫ぶだけのブログ

転職記念遠征

 3月は田口くん事から少し離れておりました。

 

プラベでは前の職場を3月で退職し4月から新しい職場で心機一転します。

3月の半ばまでは殺人的に忙しく最後の御奉公しましたが、3月後半は年休消化で本当に久しぶりのまとまった休暇が取れました。

 …がそれに合わせたってわけではないんでしょうが下の息子が急遽結婚することに決まり一気に忙しくしておりました。新居への引っ越し、そして相手のご両親への挨拶等などまだまだやることはたくさん控えております。

今どきの若者は特にしきたり等に縛られることなくすぐに一緒に住み始めるから楽といえば楽で…式を挙げるかさえ未定です💦 

自分たちの時は結婚って家と家の結びつきってイメージがまだあったから(特に田舎の本家長男嫁は…)考えたら損な人生送ってきたな~って思ったりしてます。

まぁその反動で今現在好きなことやってるって側面もありますが…

 

そして、今まで手付かずになっていた亡き舅姑の部屋の整理と断捨離に取り掛かっております。

 

子供たちが成長するってことは自分たちも年々歳を取るって事で、働き方も生活スタイルも変わっていくんだな~と思うこの頃です。人生の断捨離も必要なのかもね…

 

 

といいつつ

 

勝手に転職記念遠征と命名し行ってきましたONE OK ROCKの京セラドーム公演。

そしてラクタブドームで行われていたアイスショー2日間

前にちょっと触れたネイサン・チェン選手を見るため💛

 

生活見直すんじゃなかったんかい?!(怒)

って旦那に叱られそうになりましたがそこはいつもの調子で押し切り💦

 

つまり2日間で3公演に入ったわけで我ながら呆れております。

f:id:marosakura:20180402021132j:plain

京セラドームといえば、かつてのグループが4人体制になって初めての単独カウコンを行った場所。

もう2度と来ることはないと思っていた場所へ再び来ることができました。ちょっと感慨深いものがあります。

 

ONE OK ROCKのライブも毎回本当に命を削るような熱いものを感じますが、今回は昨年から世界中を回ってきたツアーも日本でオーラス。アルバム制作などで彼らもライブ活動に一区切りということでデビュー当時からの歩みを映像で振り返る場面がありました。

小さなライブハウスで始まった彼ら…若かったね~

バンド結成からメジャーデビューしてかれこれ12年くらい経ったんですよね。←ハッキリ覚えてないダメファン💦

今世界を舞台に活躍してて単独でドームを満杯にできるまでに大きくなって、しかもtakaたった一人の歌声で5万人以上のオーディエンスを熱狂させる事も静まらせることもできるカリスマ的魅力を持ってる。

 

凄いことだと思いつつ、ふっとね もし淳之介くんがもっと大きくなってビッグになって過去を振り返ることがあったとして、こんなふうに映像でその歴史を振り返ることはできないんだな~~って思ってしまったら別の意味で複雑な気持ちになりました。 

…単なる独り言です。

 

 

Takaさん(@10969taka)がシェアした投稿 -

初日の緊張からか?体調が今一つだったけれど最後まで全力で歌い切ったtakaに改めて感動を貰いました。生き方も考え方もカッコいい。

ご両親から受け継いだDNAの賜物でしょう!!

takaの歌声は別格だと思っています。彼に関しては文句なく声ファンです。

 

 

 そして、ネイサン選手

f:id:marosakura:20180402021524j:plain

 彼の生ネメシス(ショートのプログラム)を見ることができました。始まった瞬間から動悸が止まらなくなり、ただひたすらその美しい動きにうっとりして見惚れていました。←やっぱり非国民💦

アナウンスされてシルエットが浮かんだ瞬間の会場のキャーッの声の凄さったら

( *´艸`)///

会場の歓声も声援も贔屓目抜きで2日間とも1番大きかった💛

時代はネイサン!!って感じを実感しました。宇野くんともいいライバルで競い合っていってくれると思います。来シーズンが本当に楽しみな選手です。

ヲバも黄土色の声援を送ってまいりました。…黄色い声はもう出ません(´;ω;`)ウゥゥ

 

お高いチケット代とホテル代を浮かせるために往復夜行バスっていう強行スケでしたが行って来て良かったと思っております。

 

どちらも本当に感動的で大好きな人たちに逢えて、新たな気持ちになって新生活に望めそうです。

 

 

 

そして

田口くん事が本当に追えてないので少しづつ取り返していきたいと思います。