LOVERS'DIARY

JTの存在する世界 好きな人のことをただ好きと叫ぶだけのブログ

マイケル・じゅんスンのダンス・リハ風景が超絶カッコいい件

ほぼ毎日、時間があれば見ております。

5月10日発売~「JUNNOSUKE TAGUCHI TO THE NEXT LEVEL」

このOFFICIAL FUN CLUB LIMITED 何度も言いますが…最高でございます!

 

 

先日は文具店回りをして、ポスターとフォトブック写真が入るファイルと直筆サインを入れるフォトスタンドを購入してきました。

大きさといい、使い勝手の良さといい、何度も言いたい!ファン目線に立った至れり尽くせりの品々…本当に感謝です。

しかも無駄に大きくないコンパクトな造りも好印象。CDはライブ音源を収録したものですが、臨場感がハンパないでございます。

昔はよくこういうライブ音源を収録したCDがあった気がするけど、最近では久々な気がする。改めて音源だけで聴いてるとかえってその場の光景が蘇ってきて迫力があります。

ウォークマンに入れて、車のHDDにも入れてずっと聴いています。最高!

できることならこの美しい映像のBlu-rayを大画面に映し出すデュアルモニタールームで大音量で鑑賞したい!旦那にも子供にも邪魔されず自分だけの至福の時間を過ごしたい…しかし当県田舎につき、そんな最新機器を備えたカラオケルームは近くにないのだわ(泣)

ともかく、帰ってきてくれてありがとう。

これが全てのスタートなわけで、ここから一気にNEXT LEVELへ駆け上がろう!

 

ライブ映像中心に何度も見ていますが、自分の中でツボにはまっているのは何といってもダンスリハーサル映像…これがあまりにも凄すぎて激リピしています。

もともとJTに堕ちたきっかけがダンス。

自分はマイケル・ジャクソンを神と思ってリスペクトしていましたから、JTのダンスの凄さに目を奪われています。

これは何⁇ 和製「THIS IS IT」ですか?ってくらいレベルが高い。

殆ど言葉がない代わりにカウントと阿吽の呼吸とコンタクトでどんどん振りが出来上がっていくの。しかもそのすべてがカッコいい!

f:id:marosakura:20170515170746j:plain

f:id:marosakura:20170515170759j:plain

f:id:marosakura:20170515170817j:plain

f:id:marosakura:20170515170834j:plain

f:id:marosakura:20170515171421j:plain

 

f:id:marosakura:20170515170613j:plain

この血管が浮いた大きな手が、めっちゃ好みなのです。

f:id:marosakura:20170515171107j:plain

f:id:marosakura:20170515171135j:plain

f:id:marosakura:20170515171209j:plain

f:id:marosakura:20170515171043j:plain

f:id:marosakura:20170515171054j:plain

自ら言ってましたね

「マイケル・じゅんソン」💦

 

JT:「これで5回目くらい?これで振付終わり…」

HERO'Sのダンサーさん曰く

「これはね、ダンサーとしてちょっと悔しい部分ですね」

「振り覚えが早い。いちいちカッコいい」

そうなのですよ、振り覚えが早いのはマイケルも同じでした。

まだマイケルがスリラーで世界的人気者になる前、出演した映画「ウィズ」であまりにも振りを覚えるのが早すぎて、共演したダンサーたちから主演のダイアナ・ロスに苦情が出たってエピソードを思い出しました。(どうでもいいお話ですけど)

そして、さらっと言っちゃうんですよ

「楽しくしっかりやる!これが俺の理想だから」

そうなんです、やってることはものすごく高度なことやってるのに、終始笑顔でいとも簡単そうにやってのけてしまう。そして笑い声が絶えないんですね。

そんなところも彼の人柄なんだな~と思います。

ともかく彼の才能にただただ感心して見ています。

 

f:id:marosakura:20170515170407j:plain

f:id:marosakura:20170515170430j:plain

 それにしても、インタビューでも言ってたけど、「自分は人からは優しそうに見えるみたいだけど、意外に頑固でこだわり(主張)が強い」んだって。

 

そうだよね。

こんなに短時間であれだけのライブを造り上げるのは彼の才能と人柄。そしてそこから繋がった多くの仲間の協力の賜物だと思う。

逆に15年間自分の立ち位置と役割を全うしてきて、時としてしんどい時もあったんだろうな、と思ってしまった。

いろんな葛藤や迷いや揺らぎや…ここに至る決断は決して単純なものではなかったと思います。それでもこうしてステージに戻ってきてくれたことに心から「ありがとう」と言いたい。

彼がグループを辞めたことはいろんな思いもあるけれど、グループにいたら絶対見ることはできなかったであろう彼の才能を堪能できるコンテンツの数々。

それらに今は感謝したいと思う。

 

そして、いよいよ田口淳之介所属事務所『Immortal』のWebサイトとTwitterもオープンしました。

 

 

更なるNEXT LEVELへ…

 

JTの居る世界を感じる事は最高の幸せです。