あおの部屋

  好きなものを好きと呟く日々

4人の奏でる音

次々と情報が解禁されております…(≧◇≦)

 
 
 
View this post on Instagram

I’m so excited about this tour!!!!! I can’t wait see you guys!! #edsheeran #oneokrock #ASIANtour @teddysphotos

Takaさん(@10969taka)がシェアした投稿 -

rollingstonejapan.com

 

 ↓↓↓

2019.02.13. ONE OK ROCK Takaゲスト 『SCHOOL OF LOCK!』 - YouTube

この番組は文字起こししてくださっているのでじっくり読み返したい方は是非!

www.tfm.co.jp

Taka先生「これ、前も言ったんですけど、来てほしくない。やっぱり日本のファンは日本で待っていて欲しいんです。
僕らが海外で頑張ることの意味は、残念ながら口では説明しても伝わらないんだけども、待っていて欲しい!
これは本当に切なるお願いで、応援してくれる気持ちがあるなら待っていて欲しいです。
アメリカでやるということは僕らの中では戦いなので、甘く終わりたくないんですよ


Taka先生「僕も1回炎上しましたからなんとも言えないですけど…(笑)
ロックバンドとしてストレートに言うんだったら、愛してるならやめてくれと言いたい。
嫌いなんだったら来てもいい。でも、愛してるんだったらやめてほしいっていう感じです」

 

takaがずっと前から言ってきたこと…アメリカでやるということは戦いなんですよね。

tfm-plus.gsj.mobi

 

真剣に16歳のリスナーさんの相談に答えるtaka…簡単に答えられる問題じゃないけれど、最後まで真摯に答えていましたね。きっと彼女の力になったと思います。

…で、最後が”う〇こ”っていう💦←彼なりの優しさだと理解しております。!(^^)!

 

 

こちらの記事も読みごたえあり!

www.billboard-japan.com

 

 

なるべく多くの情報は入れないようにしてアルバム聴いてみました。

何回かリピしまくってからお持ち帰りした雑誌をいくつか(って2誌だけですけど…)読んでいます。

 

『MUSICA』3月号の記事がとても分かりやすくて腑に落ちています。

アルバムを聴いて真っ先に感じた事、彼らがこのアルバムを出した意味など…

自分が感じた疑問の全ての答えが書かれていました。…ちょっと大げさですけどネ😂

 

骨の部分にはToruのギターリフがあってRyotaのベースラインがあってTomoyaのドラムがあるんですよ。曲の中からプロダクションを抜いていくと、僕ら4人だけになる。

その音は実はカッコいいんです。

そこだけは変えないようにというのは、ちょっと意識はしてましたね。

 

どんなにポップになってもEDMっぽくなっていても、どこかにONE OK ROCKの音が流れているのを感じる。ライブで演奏する彼らを想像できる…

 

世界で戦う意味。そしてライブでは全く違ったアレンジでやる!と。

世界を回ってどんどん熟成されて、このアルバムがどんなバンドサウンドになって日本に帰って来るのか。。。

ますますJAPANツアーが楽しみになりました😍

 

超絶文字ちっちゃいし頁数多いですけど💦←老眼+乱視の目にはキツかった(泣) 

絶賛発売中ですので是非お買い求めの上熟読くださいませ。これはお勧めです!

 

 

 この頃の赤ちゃんってちょっと見ないうちにぐんと大きくなっちゃうから、パパは寂しいよね。でも頑張って!

表情もますます可愛くなってるポンポン太郎ちゃん。

 
 
 
View this post on Instagram

アメリカ前の🤣🤖🧩🧸👶🌈 待っててね🤨

Tomoya Kankiさん(@tomo_10969)がシェアした投稿 -

 

 更にヨーロッパツアーの発表が…💦 めちゃ過酷じゃありませんか。

 

どんなツアーになるのか…

 

どうか目指す景色を見るために、

健康第一で走り切ってくださいませね。

 

 

 おまけ…

 今夜は、🍺🍺飲みながら…

 

( *´艸`)///